電子機器に欠かせない半導体は電子部品の通販サイトが便利です

半導体にはICやトランジスタ、ダイオードなどの種類があります。現代の電子機器には欠かせない電子部品でもあり、ICを使う事で電子回路がシンプルになる、プリント基板に実装する部品点数が少なくなるなどのメリットがあります。ICにはディップタイプやフラットパッケージタイプなどが用意してあるため、プリント基板の設計を行う時など実装部品点数が増えた時にはチップタイプのICやトランジスタを利用する事も出来ます。
ICを購入する時には従来であれば電気街などにあるパーツ店まで出向かなければなりませんでしたが、現代においては通販店を利用する事で、大半のICやトランジスタを買い揃える事が出来るため、回路図設計からプリント基板設計を行った段階で必要な部品を通販店で購入すれば、数日後にはプリント基板に実装する事が出来るようになります。

電子回路を設計したらリストを作成

電子回路図を設計した段階で必要な電子部品のリストを作成する事が出来るようになります。部品は通販店を利用すれば、回路に利用している部品すべてを揃える事も可能です。通販サイトの場合は自宅のパソコンで買い物が出来るので便利です。また、汎用性の高い部品などは1個単位で購入するよりも10個や100個などになっているものを購入すれば次回製作の時にも利用出来ますし、1個当たりの単価は1個で購入するよりも安くなっているお店が多いため、まとめて購入しておくのがお勧めです。

ICソケットなどのパーツも一緒に購入すると便利です

通販サイトでICなどの半導体を購入する時、ICを直接半田付けするのではなく、ICソケットに挿入して実装する方法があります。ICソケット本体をプリント基板に半田付けしておいて、ソケットに購入したICを挿入して利用する方法です。ICソケットに挿入した場合は半田を取り外さなくても簡単にICを抜き差しする事が出来るため、同じ機能を持つICを幾つか購入しておいて、電気的特性やオーディオ信号処理ICなどの場合の音質の良し悪しを比較したい時など便利です。
ICソケットも電子部品を販売している通販サイトで購入する事が出来ますし、ピン数に応じてICソケットが用意してあるなどからも、8ピンや16ピンなどのピン数に合わせてICソケットを購入しておくのがお勧めです。また、通販サイト内には基板用アクセサリーも色々なものを用意していますし、ICなどのデータシートの入手が出来るなどからも通販店が便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加